忍者ブログ
FXは見かたを変えれば、完全合法のギャンブル。しかも、「胴元の取分」が極めて少ないギャンブルと言えるので、競馬、競輪はもとより、ルーレットやブラックジャックよりも還元率が高いギャンブルに見立てることが可能。
約50%の勝率で必ず勝てて、短時間で結果が出る、ゲームのようなFXの投資方法の概要を説明します。FX=ギャンブル ではありませんが、投資商品として用意された仕組みを使うことで、ギャンブル・丁半博打のようなこともできるのです。

<ギャンブルっぽくFX 概要手順>
1.FXのシステムにログインし、ドルを買う。
2.「ドルが20銭値上がりしたら、勝ちを確定してこのゲームを終了する」ための設定と、「ドルが20銭値下がりしたら、負けを確定してこのゲームを終了する」ための設定を行う。
3.結果が出るまで寝て待つ。

※ステップ1では、ドルを買う代わりに、ドルが値下がりする方に賭けて、「ドルを売る」こともできます。


このゲームは、夜寝る前に設定を完了しておけば、ほとんどの場合、翌朝までに結果がでます。出社前に完了しておけば、帰宅時には結果がでます。タイミングによっては、10分もかからずに結果が出ます。

ステップ2と3で、「20銭」を設定するルールにしましたが、これは、短時間で勝敗を決するのに、20銭くらいが最も適切な値幅だからです。値幅を広げると、勝敗が確定するのにかかる時間が長くなります。例えば、値幅を100銭に広げてもゲームはできますが、勝敗が決するのに数日~数週間かかるかも知れません。

逆に値幅を狭めると、勝敗はすぐに決するのですが、勝率が若干下がります。これは、FX取引で「スプレッド」が存在するためです。スプレッドとは、ある瞬間でのドルの買値と売値の差です。私がおススメするFX業者のスプレッドは、1銭以下と、十分に狭いですが、完全にゼロではないので、「約50%」の勝率を維持するには、このゲームの値幅は20銭程度以上にする必要があります。
PR

Copyright c [ ギャンブルっぽくFX ] All rights reserved.

忍者ブログ/[PR]